新たな挑戦|「新しい東北」官民連携推進協議会 ウェブサイト

新しい東北

「新しい東北」
官民連携推進協議会 東日本大震災からの復興に向けた
新たな挑戦を紹介・応援するポータルサイト

  • 会員の方へ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
TOP会員の活動 > 新たな挑戦

会員の活動

新たな挑戦

被災地で展開されている会員の取組をご紹介します。今後も、順次、会員の皆さまの様々な取組をご紹介していきます。

136 件の検索結果がありました。

キーワード
岩手県 農林水産業(六次産業化等)
法人・団体名
一般社団法人SAVE TAKATA
活動名
陸前高田市の人口減少解決に向けた官民一体型の移住定住促進事業
活動概要

農業における新規就農者獲得を通して移住定住者促進する為に、地域が一丸となって地域外からの受け入れに取り組む体制作りと、さらに、人口減少解決の新しい可能性として、地域資源である農業(米崎りんご)と若者の自立支援を組み合わせ、ニート・ひきこもりの若者を対象とした移住定住の先進的取組の実践検証を行っています。

URL/問い合わせ先
 一般社団法人 SAVE TAKATA 
Tel:0192-47-3287 E-mail:info@savetakata.org
最終更新日
平成28年12月19日
キーワード
宮城県 観光・商業・サービス業
法人・団体名
奥松島・金華山・石巻圏周遊観光協議会
活動名
「アクティブ・ラーニング」受入プラットホーム整備
活動概要

「アクティブ・ラーニング」の受け入れ(問題解決)の地を前面に掲げ、石巻圏において、その体制づくりに取り組んでいます。学校にメッセージ性の高い誘客を推進し、「学び」をテーマにした仙台圏域からのMICE誘客にも効果を普及させ、交流を通じて地域経済に貢献しています。送客側課題から紐解き、マーケットインの発想での教育旅行受け入れ整備により、現地誘客および滞在時間を延ばしています。

活動状況
旅行会社(仙台・札幌・函館・東京・福岡)へプロモーション、旅行会社を通じ学校へ配布
URL/問い合わせ先
http://www.i-kanko.com/archives/7612
一般社団法人 石巻観光協会
Tel: 0225-93-6448 Email: info@i-kanko.com
最終更新日
平成28年11月17日
キーワード
東北地方 農林水産業(六次産業化等)
法人・団体名
株式会社釜石プラットフォーム、ちよだフードバレーネットワーク、全国屋台村連絡協議会
活動名
三陸水産業の振興を基軸とした生産地・消費地の交流連携事業
活動概要

水産業の復興に向けて三陸沿岸地域が連携して新たな販路を開拓するための方策の検討・実践、漁業における6次産業化の推進し、生産地と消費地が情報交流や技術連携、観光促進を図る仕組みを検討しています。海洋立国を掲げる日本において、漁業の就業人口は減少の一途をたどっており、「魚と鉄のまち」を標榜する釜石市も例外ではありません。生産地・消費地の交流連携事業を軸とする本取組は、三陸水産業の振興に資する取組です。
写真:UBS銀行各国からの有志の皆さん「漁業体験ツアー」の画像

活動状況
東京味わいフェスタ2016 出店(2016/10 @国際フォーラム)、フードバレーネットワーク・オータムマルシェ出店(2016/11@有楽町駅前)、かまいし桜満開牡蠣フェア@宇都宮屋台横丁、福岡さかなまつり2016inベイサイドプレイス博多 出店
URL/問い合わせ先
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160...
株式会社釜石プラットフォーム  TEL:0193-55-6616 , e-mail :kpf0111@gmail.com
最終更新日
平成28年11月17日
キーワード
東北地方 観光・商業・サービス業
法人・団体名
株式会社トラベリエンス、みちのりホールディングスグループ各社
活動名
訪日観光客の東北送客プロジェクト
活動概要

ほとんど認知されていない東北の観光地に外国人旅行者を誘客するため、インターネット上の旅行ガイドブック「Planetyze」で東北の魅力を発信することで旅行需要を喚起し、通訳案内士による着地型旅行商品の販売を支援し、東北へ外国人旅行者を送客しています。需要喚起から送客までが連動した販売プラットフォームを構築しています。

活動状況
2016年は青森県、福島県、宮城県の動画も追加し、アクティビティも販売開始しました。
URL/問い合わせ先
http://planetyze.com/en
株式会社トラベリエンス
Tel: 03-6830-0896 Email: contact@travelience.com
最終更新日
平成28年11月17日
キーワード
宮城県 医療・介護・健康
法人・団体名
仙台大学 川平分室
活動名
「高校スポーツの安全を守る」
活動概要

姉妹校である明成高校の運動部活動の安全を守るため、トレーニングやスポーツ傷害講習を始めて2年になります。怪我発生後の応急手当や競技復帰までのアスレティックリハビリテーションも行い、高校スポーツの安全に取り組んでいます。今後はスポーツや運動へ悩みを抱えている高齢者、スポーツでの怪我に悩んでいるジュニア世代など地域の人々へ関わり、より健康な地域づくりに貢献できるよう、活動を広げていきます。

URL/問い合わせ先
最終更新日
平成28年03月23日
キーワード
被災地での55の挑戦(Vol.2) 宮城県 観光・商業・サービス業
法人・団体名
株式会社ウジエスーパー
活動名
地元密着型スーパーが実践する事業継続マネジメント(BCM)
活動概要

宮城県登米市の㈱ウジエスーパーは、 1947年 12月に青果卸売り業と食品小売店舗からスタートし、現在は年商254億円、宮城県内に30店舗を展開する地域密着型食品スーパーとして成長を続けています。震災で他の大手食品スーパーの多くが営業停止を余儀なくされた中、 当社は震災翌 日から営業を再開し、 避難住民に対して食料や日用品の供給を続けました。

活動状況
本社所在地のある登米市をはじめ、近隣市町と災害時の物資提供などの協定を締結している
URL/問い合わせ先
 菅原宛  電話0220-22-7117  gsp29851@nifty.com
最終更新日
平成27年10月06日
キーワード
被災地の元気企業40 東北地方 農林水産業(六次産業化等)
法人・団体名
特定非営利活動法人東北開墾
活動名
世なおしは、食なおし
活動概要

NPO法人東北開墾は、分断された生産者と消費者を情報とコミュニケーションでむすびつけるプラットフォームを事業展開することで、「食べる人」と「作る人」、さらに都市と地方が価値観を共有する社会を目指しています。2013年創刊の「東北食べる通信」は2014年度グッドデザイン賞金賞を受賞し、その後「四国食べる通信」など全国へ展開中です。また農家会員制度「CSA」の普及や、各種交流イベントも展開中。

活動状況
東北食べる通信のビジョン、目標、そして立ちあげの裏側をつづった新刊本「だから僕は農家をスターにする」を発売。創刊にいたるドラマやノウハウを公開しています。
URL/問い合わせ先
http://www.kaikon.jp/
岩手県花巻市藤沢町446-2
代表理事 高橋 博之
TEL:080-9035-8598
最終更新日
平成27年09月28日
キーワード
被災地の元気企業40 岩手県 農林水産業(六次産業化等)
法人・団体名
釜石ヒカリフーズ株式会社
活動名
地域が自信と尊厳を取り戻すため「働く場を作りたい」
活動概要

釜石ヒカリフーズ株式会社は東日本大震災後に被災者や若者の雇用の場として、また、漁業者の収入確保という漁協からの要望を受けて設立された水産加工会社です。
設立理念を受けて、大手居酒屋チェーン、宅配サービス大手、卸売商社等から引き合いを受けています。
産・学・官連携による積極的な研究開発も行い「釜石産サバの付加価値向」「スラリーアイス」など岩手県産水産物の高付加価値商品開発、全国直販に取り組んでいます。

活動状況
地元産水産物の未利用資源を利用した商品作りを行っている
・アワビの肝ソース
・早採りワカメドレッシング
URL/問い合わせ先
http://www.hikarifoods.jp
岩手県釜石市唐丹町字小白浜568
代表取締役 佐藤 正一
TEL : 0193-55-3663 / FAX : 0193-55-3722
最終更新日
平成27年09月28日
キーワード
被災地の元気企業40 岩手県 農林水産業(六次産業化等)
法人・団体名
岩手アカモク生産協同組合
活動名
海藻アカモクの利用拡大を起こして、浜の暮らしの安定を実現する。
活動概要

1998年に設立した岩手アカモク生産協同組合は、海藻の一種であるアカモクに特化し、加工・販売を行っています。カキの養殖イカダに自生し日光を遮ったり、船のスクリューに絡まるため、漁師にとって邪魔な存在だったアカモクを、漁師に採ってきてもらい、加工した商品を食品メーカーやスーパー、外食今後10年から20年をかけ、三陸有数の規模の水産加工メーカーとなることで、地元の山田町を盛り上げるだけではなく、社会に必要とされ、100年間も継続できるような企業を目指しています。

活動状況
復興庁ハンズオン支援事業採択 アカモク事業推進へ。
事業推進にあたって、管理・運営の経理・事務作業の負担が増しています。管理サポートを欲しています。
URL/問い合わせ先
http://iakamoku.jp/
岩手県宮古市高浜1-8-31
代表理事 髙橋 清隆
TEL:0193-65-1315/FAX:0193-65-1316
最終更新日
平成27年09月23日
キーワード
被災地の元気企業40 宮城県 医療・介護・健康
法人・団体名
一般社団法人りぷらす
活動名
「介護からの卒業」高齢者の「夢」をかなえる
活動概要

りぷらすは、代表の橋本氏が、震災後ボランティアとしてリハビリテーション活動を行う中、現状のやり方に限界を感じたことから立ち上げた、リハビリ複合サービスを提供する事業者です。りぷらすでは、介護からの卒業に向けて支援し、各人が役割を持ち健康的で活き活きとした生活を取り戻すことをお手伝いしていきます。

URL/問い合わせ先
http://rilink.is-mine.net/index.html
宮城県石巻市相野谷字今泉前29-3
代表理事 橋本 大吾
TEL:0225-98-8957/FAX:0225-98-8958
最終更新日
平成27年09月17日
  • 分科会分科会
  • 特集記事特集記事
  • 復興ビジネスコンテスト復興ビジネスコンテスト
  • 新しい東北情報発信事業新しい東北情報発信事業
  • 専門家派遣集中支援事業専門家派遣集中支援事業
  • 分野別ポータル分野別ポータル
  • 「新しい東北」復興・創生顕彰「新しい東北」復興・創生顕彰

お問い合わせ

「新しい東北」官民連携推進協議会事務局担当 みずほ総合研究所株式会社
担当:山口・塚越・重田
Mail:nt-info@mizuho-ri.co.jp
Tel :03-3591-8773(受付時間:9時30分~17時30分 土日祝除く)

復興庁

「新しい東北」官民連携推進協議会事務局担当 みずほ総合研究所株式会社
担当:山口・塚越・重田
Mail:nt-info@mizuho-ri.co.jp
Tel :03-3591-8773(受付時間:9時30分~17時30分 土日祝除く)

復興庁
SNSでシェアする

このページをシェアする

©2015「新しい東北」官民連携推進協議会. AllRightReserved.